結婚式に呼ばれたら・気になるお呼ばれファッションチェック

結婚式に呼ばれたら・気になるお呼ばれファッションチェック

お呼ばれが多いときはベーシックなものをチョイス

結婚適齢期と呼ばれる20代~30代の頃は、友人や親戚、会社関係の結婚式へのお呼ばれが多くなるものです。出席する際にはフォーマルな衣装を用意しなければならず、お呼ばれが集中する時期は何かと大変という人も。そこで、何度も結婚式に出席しなければならないという人にオススメなのが、ベーシックな黒のワンピースです。プラスするボレロやショールで色味を変えたり、バッグや靴を変えれば印象をがらりと変えることもできます。メインのワンピースはベーシックなので着まわしても目立ちにくく、いつも同じ格好には見られにくいためおすすめですよ。

年齢が上がるほど、ゲストの衣装が地味に。

最近では晩婚化から、40歳を過ぎてから同年代の友人の結婚式に出席するという人も少なくありません。20代の頃と比べ、お呼ばれ服もカラフルなものではく黒やネイビーなど地味な色味を選ぶ人が増え、集合写真が地味になってしまうという声も聞かれます。そんなアラフォーのお呼ばれ服でオススメなのが、ちょっとした露出のあるダークカラーのワンピースです。単に暗い色のワンピースだと華やかさにかけ、逆にカラフルなドレスだと若作りがきつく感じてしまいがちです。そんなときは色味を押さえたシルエットのキレイなワンピースで鎖骨や背中、二の腕などをほんのりと露出するスタイルがオススメです。シンプルながら華やかに見えるので、大人の女性を引き立たせるスタイルとも言えますね。

ついついしてしまう、NGお呼ばれファッション!

結婚式のお呼ばれ服にはいくつかのNGコードがあることをご存知でしょうか。もっとも有名なのは白いドレスで、これは白はウエディングドレスの色ということでゲストは着てはいけないことになっています。この例は多くの人に知られていますが、意外と知られていないNGコードは他にもいくつかあります。ファーや毛皮など、動物性のものは殺生をイメージさせることからNG、ミュールやサンダルなどつま先が出るような靴はNGで、冬場はブーツも好ましくないとされています。意外と知られていないものもあるので、お呼ばれ服を選ぶ際には必ずチェックしたいものですね。

結婚式ティアラは式場でレンタルするととても高い物を勧められますが、ネット通販などで購入すればいくらでも安く済ませられます。